高額キャッシングについて

消費者金融系のクレジットカードで、高額なキャッシングをし続けており、相当の過払い金の請求が溜まっているという人も多いかもしれませんし、一念発起して、過払い金の請求を行ってみたものの、強めの口調でキッパリと断られてしまったというようなケースもあるようです。
大きなカード会社であれば、過払い金の請求をすることで、過払い金が一体いくらになっているのかということや、独自の計算システムなどが出来上がっているため、順調にたくさんの人に過払い金を支払っているはずですが、情報開示を簡単に行ってくれるかどうかということは、それぞれの消費者金融によって大きく異なるでしょう。
クレジットカード会社にとってみれば、損にしかならない事態ですから、調査書であったり、取引履歴や計算書などを送ることを渋る会社があるということもあり得ます。消費者金融系のカード会社などでは、残念ながらほとんどの会社が、計算書などを発行してくれないという場合もあるため、自分自身できちんと借りた額などを把握しておくという態度を持ち続けることが重要ではないでしょうか。
そして、何よりも重要なのが、このようなカード会社である場合には、利息が大幅に変更されたり、何か重要な変更事項があった場合に、それを債務者に伝えることを渋るようなケースすらあるわけで、正しい情報がきちんとえられないというような場合もある、というふうに聞いたことがあります。
このような場合ですと、十分に過払い金を得られないケースが発生する可能性が出てきます。
いずれにしても、計画的に動くことが重要だという風に言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です