消費者金融の恐ろしさ

債務者が過払い請求を行った場合には、その証拠として、取引履歴や計算書などがあるわけですが、計算書や履歴書などが、ほとんど手元に残らないようなケースも考えられます。
一番恐ろしいケースを聞いたことがるのですが、個人情報機関に消費者金融会社が個人のデータを閲覧しに来て、一人一人の情報に目を光らせていたなんてケースもあるようです。
しかし、いずれにしても、もう少し厳格に利息制限法を適用し、むしろ消費者金融やクレジットカード会社の方から、積極的に払い戻しをするような制度が作られたなら、利用者や一般市民を守ることにも繋がるのではないでしょうか。
そもそも、過払い請求をするということは、借りた側の権利としても確実にあるわけですから、このことは十分に覚えておくことが重要だと言えるのではないかと考えられます。
利用者からの請求があるなしに関わらず、積極的に自分自身の権利を発信していくことが必要になってくるでしょう。
過払い金をとにかく順調に返していけるように個人個人が努力するだけではなく、国としてもバックアップする体制を整えていくことが何よりも重要であると考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です