借換え隠し

取引経過の隠蔽の代表例と言ってもよいのが「借換え隠し」です。特に中小の消費者金融業者によくみられる隠蔽の方法で、一度完済してまた借り入れた場合や、借換えや借増しがあった時に、再借入れや借換え・借増し以前の取引経過を隠蔽することをいわゆる「借換え隠し」と呼んでいます。

当たり前ではありますが、借換え・借増し、再借入れをしたとしても、最初の借入れからの全取引経過の開示を求めることは可能だと言えると思います。

これと似た事例として、貸金債権や貸金営業の譲渡等によって貸主が変更しなければならない場合に、変更前の取引経過を隠蔽することもあると聞いたことがあります。

「借換え隠し」をしているのではないか?そう消費者金融会社に疑いの気持ちを持つ場合は、電話で1~2回程度、借入当初からのすべての取引経過のすべての情報を送ってもらえるように話してみましょう。この電話交渉のポイントは、「もっと前から取引があるはすだ。自分は、遅くともOO年O月には借入れをしていた。最初に借入れを始めたころからの取引経過を開示してほしい」「貸金業者には、取引経過を開示する義務があるはすだ」「開示された契約が最初であるなら、確認したいので、その当時の契約書、さらには契約時に渡した免許証や健康保険証の写しを郵送してほしい」「この期間内に開示してくれないのであれば、行政指導・勧告を求める申告を要請する」ということです。そして電話交渉のあとに、「再度の取引経過開示依頼書」を金融業者の担当部署宛にFAXを送っておくとよいのではないでしょうか。業者と電話で話すのは気が引けるという方も、「再度の取引経過開示依頼書」だけは業者に送っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です